製造部門

Composition production  幾つもの経験を重ね、質の高い製品づくりを。 合成生産部門 荒木 佳彦
製造部門では、合成研究部門による合成プロセスに従って製造(試作)を行います。実際に不都合が生じた場合や、より時間を短縮できる場合など、現場で分かったことを総合的に判断して、指図記録というものを作り上げます。その記録を基に、より的確な合成フローを組み立てて製造(実生産)に移行していきます。その後は、各工程ごとに試験を受け、最終的に品質管理部門の試験に合格したら、製品を出荷するという形になります。
各工場ごとに配管の仕組みが違い、釜の大きさや材質も異なります。バルブの開き具合で加熱時の温度の上昇速度が変わるなど、経験によって培われるコツが必要とされる仕事なので、何年経っても実際に身をもって学んでいく姿合成生産部門勢が大切だと思います。
また、乾燥させたら危険な原料や水を嫌う原料など、さまざまな特性を持つ原料を大量に扱っているので、事故が起きないよう安全面も重視しています。常に気を引き締めながら、高品質な製品を最短の納期でお客様に提供できるよう努めています。